麦飯石の機能と効果・効能

麦飯石のクローズアップ写真

麦飯石はこんな石

麦飯石ってなに?
こう思って訪れたあなたへ。

このページでは、まずこれだけ知っておきたい、3つの機能と効果・効能をお話します。
読み終えたあなたはプチ麦飯石博士です。

いやいや。理屈はいいから。
とにかく手っ取り早く何ができるか知りたい。
私に(俺に)どんなイイことがあるの?
という方は先にこちらを。
>> 麦飯石で何ができるの?

みんなはどう使ってる? どう思ってる?
と気になる方はこちらでご確認を。
>> 麦飯石お客様の声

もう麦飯石のことは知ってるよ。
試してみようかな・使ってみたい。
でもどんな麦飯石を選べばいいの?
という方はこちらへ。
>> 「美濃白川産の麦飯石は品質が良い」は本当か?

今すぐ試したい。という方はこちらをどうぞ。
>> 麦飯石ご注文ページ


1. 強い吸着力

麦飯石には、分子レベルで物質を吸着する働きがあります。

  • 水に入れると、残留塩素や雑菌等の不純物を吸い取り、水がキレイになる。
  • 冷蔵庫や下駄箱に入れると、イヤな臭いを吸い付けて脱臭する。
  • お肌の表面や毛穴の汚れ・皮脂などを吸い取って、キレイにする。

こうした効果の秘密は、麦飯石に強い吸着力があるからです。

1.1. 2種類ある吸着が麦飯石の強み

麦飯石の吸着は、単に物をくっ付けるだけ(物理吸着)ではありません。くっ付けた物を分解までします(化学吸着)。

物理吸着が強いだけなら、活性炭やゼオライト(沸石)などにもある特徴です。麦飯石がこれら他物質と異なる点は、化学吸着力が働くこと。残留塩素や臭いの素を吸い取って、さらに分解してしまうのです。物理吸着と化学吸着、2種類の作用が麦飯石の強みです。

1.2. 吸着力の秘密

なぜ麦飯石にはこのような吸着力があるのでしょうか?
次の3つの原因が分かっています。

(1)多孔質で広い表面積

麦飯石の表面を、電子顕微鏡で見ると、無数の孔(穴)が開いています。

サンゴ礁

サンゴ礁は麦飯石の表面(多孔質)イメージに似ている。

もちろん、目には見えません。触っても分かりません。

が、表面は凸凹で穴だらけなのです。

この状態を、「多孔質(たこうしつ)」といいます。サンゴ礁(右写真)のようなイメージです。

岩石の多孔質性は、種々の物質を吸着する性質があります。また、多孔質性が高いほど、吸着量は大きくなります。

つまり、こうです。

多孔質性が高い=凸凹が多い

延べの表面積が広くなる=より多くの量を吸着できる。

麦飯石の場合、穴の数なんと、1c㎡あたり8万3千個。表面積は、同じ大きさの活性炭と比べると2万倍にも。極めて高い多孔質性なのです。吸着量もそれだけ多くなります。

麦飯石の吸着力が強いのは、この「多孔質で広い表面積」のためです。

(2)吸着性が強い鉱物や成分からできている

  • 風化してカオリン状になった長石

    麦飯石の外観を特徴づける白い斑(まだら)。この部分を長石といいます。
    麦飯石の長石は、風化により、カオリン(粘土の一種)のようになっています。

    粘土には吸着力があります。中でもカオリンは、吸着力や被覆力の高さから、化粧品原料やクレイパック、医薬品等に用いられる成分です。

  • 無水ケイ酸が主成分

    麦飯石の成分は、7割が無水ケイ酸です。

    無水ケイ酸とは、吸収性の高さから、化粧品原料などに用いられる成分です。ふんわりとした被覆力や、感触を良くする、皮脂や汗を吸収する、などが特徴。二酸化ケイ素、シリカとも呼ばれます。

(3)25,000種以上の多物質からできている

麦飯石が、まれにみる多物質から成る石であることは、麦飯石の成分で紹介しました。実はこのことが、化学吸着に大きく影響しています。構成物質が多ければ、それだけ化学反応が起こりやすくなるからです。

活性炭やゼオライト(沸石)など組成が単純な物質は、化学吸着が起こりにくいのもこのためです。

2. ミネラルの溶出

麦飯石は、水やアルコールに触れるとミネラルを溶出する働きがあります。

  • おいしい水ができる。
  • お風呂のお湯が温泉のようになる。
  • お魚や水草がイキイキする。

こうした効果の秘密は、麦飯石からミネラルが溶け出すからです。

溶け出すミネラルは、全必須ミネラルを含む40種類以上。しかも麦飯石には、ミネラルバランスを調節する機能があります。水中に含まれるミネラルの量に応じて、過剰ミネラルを吸着し、不足ミネラルを溶出するのです。

また、ミネラルは細菌を静菌状態にする働きがあります。麦飯石を入れた水が腐りにくくて長持ちするのはこのためです。

温泉の効能や湧水のおいしさはよく知られるところ。麦飯石を入れた水は、これらの仕組みと同じといえます。温泉や湧水は、地下水が岩石にしみ込み、ミネラルを溶かして出てくるものだからです。

3. 水質の調整

麦飯石は、水に入れると水質を整える働きがあります。

麦飯石の水が、まろやかで飲みやすいといわれるのは、次の働きによるものと考えられています。

  • 硬度の高い水を軟水化する。
  • pH(ペーハー・ピーエイチ)を0.4~0.6程度、中性に近づける。

次のページも読むと麦飯石のことがさらによく分かります。