麦飯石の成因・成分

麦飯石のクローズアップ写真

麦飯石はこんな石

麦飯石の成因

ハッキリしたことは、まだわかっていません。
次のように推測されています。

この石が生まれたのは、今から5,000万年~7,000万年前。
地質時代の中生代末から新生代初め。地球の火山活動が活発だった太古の時代です。

噴き出した溶岩が再び地下に沈み、冷え固まってできた石。すなわち火成岩。
麦飯石は、その中の半深成岩の一種であると推測されています。

麦飯石の成分

■麦飯石の主成分
無水珪酸69.76%
酸化アルミニウム14.01
酸化第二鉄1.29
酸化第一鉄1.40
マグネシウム3.55
酸化カルシウム2.00
ナトリウム3.16
カリウム3.19
チタン0.30
無水リン酸0.26
酸化マンガン0.02
化合水・付着水1.06

分析:故益富寿之助薬学博士
出典:麦飯石美容・健康法

25,000種類以上の成分から構成される麦飯石。
日本ではまれにみる、多物質から成り立つ石であることが解っています。

その主成分は右表のとおり。
鉄・カルシウム・マンガン・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・チタン・リン。こうした人間にとって欠かせないミネラルが、豊富に含まれているのが分かります。

麦飯石が「ミネラルの宝庫」といわれるのは、このためなのです。